まるなか本舗について

●トップ>まるなか本舗について
この蒲鉾に、歴史あり。
 まるなか本舗の創立者、中村吉衛。
 元々は鮮魚小売商だったが、「味の良い長崎の蒲鉾が地元だけで消費されているのは、腐敗しやすいからだ。保存の方法を考え全国に売り出そう」と、蒲鉾製造に乗り出します。
 独自で長期保存方法を考え、昭和29年にパッケージ包装の開発に成功。長崎の蒲鉾文化を全国に広める礎を作り、その功績が評価され黄綬褒章を受賞しました。

会社概要

商号
■ 株式会社 まるなか本舗
本社 工場所在地
■ 総本店:長崎県長崎市岩川町1番4号
 
  三重工場:長崎県長崎市京泊3丁目14-21
決算期
■ 9月30日
主な取引銀行
■ 親和銀行 十八銀行 西日本銀行 東京三菱銀行
営業種目
■ 水産練製品 製造 販売 海産物 珍味
従業員
■ 事業所全体 130名

社是

社是

「誠実、努力、感謝」

  「誠実」  まるなか本舗の顔として、行動を誠実に。
  「努力」  安心・安全はもちろん、お客様の食卓に笑顔が広がるように。
  「感謝」  生命あるすべてのものに。

経営理念

「引き継がれた 長崎の味を いつまでも」

経営信条

  1. 私たちは、お客様に喜ばれることを自らの喜びとする。
  2. 私たちは、夢を語り合い、ナンバーワンを目指し、日々チャレンジする。
  3. 私たちは、それぞれのプロと自覚し、お客様に感動をもたらす。
  4. 私たちは、笑顔あふれる食卓に貢献します。
  5. 私たちは、一致団結した「会族」を目指す

沿革

〈昭和 6年10月〉
創業
〈昭和22年10月〉
中村蒲鉾店設立
〈昭和33年11月〉
全国蒲鉾品評会にて農林大臣賞
〈昭和35年11月〉
水産功労者として県知事表彰
〈昭和38年10月〉
有限会社 中村蒲鉾店
〈昭和40年10月〉
衛生優秀店として厚生大臣賞受賞
〈昭和48年 5月〉
蒲鉾業功労者(会長 中村 吉衛)として黄綬褒章受賞
〈昭和49年10月〉
県衛生優秀店として知事表彰(昭和38年より連続受賞)
〈昭和56年 2月〉
有限会社 まるなか本舗に改名
〈昭和59年 9月〉
株式会社 まるなか本舗として現在に至る
〈昭和61年12月〉
宮内庁献上
〈昭和63年 3月〉
三重工場完成 ニュー長崎ビル売店 オープン
〈昭和63年11月〉
JRパルク長崎駅構内売店 オープン
〈平成元年11月〉
博多支店及び博多ステーションビル1F名店街 オープン
〈平成 2年 6月〉
イオン東長崎店 オープン
〈平成 2年10月〉
JR佐世保駅構内売店 オープン
〈平成 4年 3月〉
ハウステンボス売店 オープン
〈平成 5年 3月〉
長崎空港ビルディング売店 オープン
〈平成 7年 3月〉
まるなか住吉店 オープン
〈平成 7年 4月〉
長崎空港ビルディング2F売店 オープン
〈平成 9年10月〉
イオン大塔店 オープン
〈平成12年10月〉
アミュプラザ長崎店 オープン
〈平成12年11月〉
水産製品品評会において農林水産大臣賞を受賞
〈平成13年10月〉
全国加工品総合品質審査会において農林水産大臣賞を受賞
〈平成13年11月〉
水産製品品評会において農林水産大臣賞を受賞
(平成14年11月)
あなご板蒲鉾 全国水産加工品総合品質審査会で東京都知事賞を受賞
(平成15年11月)
かます板蒲鉾 全国蒲鉾品評会新潟大会で新潟知事賞を受賞
あご竹輪 全国水産加工品総合品質審査会で全国水産加工協同組 合連合会長賞を受賞
(平成15年12月)
金頭板蒲鉾 長崎県水産加工振興際で水産庁長官賞を受賞
(平成16年10月)
甘鯛板蒲鉾 全国蒲鉾品評会で水産庁長官賞を受賞
(平成17年12月)
ししゃも明太 長崎県水産加工振興際で消費者が選んだ優秀加工品に 選ばれました。
(平成18年10月)
伊達巻 全国蒲鉾品評会長崎大会において市長賞を受賞
(平成22年12月)
長崎県水産加工振興祭において長崎香福亭「焼かま」水産庁長官賞受賞