おすすめ商品

●トップおすすめ商品>長崎ハトシロール
エビのすり身をやわらか食パンで包みました。外はサクッと、中はふんわりとした食感です。
明治時代、清国から長崎に「エピのすり身を食バンで挟んで油で揚げたもの」が伝えられました。この料理は広東語「蝦多士(ハートーシー)」と呼ばれ、やがて卓袱(しっぼく)料理の〈ハトシ〉となりました。(「蝦(ハー)」=エピ「多士(トーシー)」=英語の“トースト”の音訳)
まるなか本舗は、エピのすり身等を蒲鉾製造で培った技法で完成させ、食べ易いやわらか食バンで包んだ〈長崎ハトシロール〉を作りあげました。長崎の蒲鉾店ならではの、新しい風味と食感をお楽しみください。
★ご自宅で調理してお召し上がりください。
★要冷凍食品の為、別途冷凍便の送料がかかります。予めご了承下さい。



電話・FAXでのご注文 オンラインでのご注文